建売住宅

33歳主婦、世帯年収500万円、長男の学区重視で自分の希望通りの建て売り住宅ゲット

投稿日:

一昨年にマイホームを購入して、昨年引っ越しをして住み始めました。
我が家ではマイホームを購入するまでに1年前から色々なハウスメーカーや工務店など見学に行きました。

うちは土地から探していましたが、長男が小学校に通っていたため、同じ小学校区内でしか探す事が出来なかったので、探せる範囲も狭かったんです。
それに今住んでいる地区が土地が高く、大手のハウスメーカーではお願い出来ませんでした・・

そんな時、住んでいたアパートの隣に建て売り住宅の計画があると聞いたので話を聞きに行きました。
旦那も私も場所的にも隣なので何も変わらずだし、子供の学校の登下校も変わらずだったのでそこに申し込みをしました。

建て売り住宅のため、間取りは決められた物でしたが、申し込みの時期が早かったので壁紙や床の色、お風呂やキッチンの配色は自分たちで決める事が出来ました。

私はマイホームに住むならいくつか希望がありました。
納戸やクローゼットなどたくさんの収納スペースがあること、玄関は広いこと、ベランダは広く洗濯物などストレスなく干せることでした。
今回購入した建て売り住宅には、私の希望がすべて取り入れられていたので、購入決定をしたんです。

実際にアパートから引っ越しをして家族みんなが感じたことは、床が冷たいでした・・
冬に引っ越しをしたというのもありますが、アパートの床に比べて暖かさが全然違いました。

靴下を履くだけでは冷たくて、私は必ずスリッパを履くくらいです。
あと感じたことは、室内の声が外に丸聞こえなんです。
子供の笑い声、遊んでいる声外に筒抜け状態でビックリしてしまいました。

窓ガラスもペアガラスとかではないので、余計に声が漏れてしまうんだなと思いました。
今まで色々見学に行ったハウスメーカーなどは床も暖かったし、防音対策でペアガラスになっていたりと色々設備面では良いなと感じていました。
実際、建て売りを購入した後に家が完成したので、床や窓の事まで確認していませんでした。

間取りなどを気にしすぎて、細かい部分まで確認しておけば良かったな住み始めて反省しました。
その他は南向きの家なので日当たりなどは良かったり、リビングと和室が隣なので、子供が部屋で遊ぶには十分な広さなどで気に入っています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

よく読まれている人気の記事

1

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築会社の中から ...

2

【これまでの経緯】 2017年6月 ・賃貸契約が半年後に切れるので、新たな賃貸物件を探し始める。 ↓ ・賃貸に月15万円払うとすると年間180万円。10年で1800万円。20年で3600万円、30年で ...

3

スーモカウンターを利用するとデメリットもある? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。 確かに、これだけのサービスを無料で運営されているのは ...

-建売住宅

Copyright© 予算1000万円からのローコスト注文住宅ブログ【2018年9月版】 , 2018 All Rights Reserved.