注文住宅失敗

注文住宅で建てた一戸建ての廊下を細くしすぎて大失敗

投稿日:

注文住宅で一戸建て住宅を建てて、そして後悔しているところが「廊下の細さ」です。注文住宅でマイホームを建ててみて、まさに「想像と違った!」とか、「思ってたんと違う!」というのがこの狭目の廊下なのですよね。

設計段階では「べつにいい」と思っていたのです。廊下なんて人一人が通ることができればいいわけです。逆にいえば、廊下部分のスペースを不必要に幅広くとっていることが無意味だと思っていました。

そしてまた、こちらは結局やめておいたのですけれど、クローゼットに関してもやや細めにしようかと検討しましたからね。というか、注文住宅のわが家を設計してくれた設計士さんにも、その旨は伝えておりますし。

「クローゼットとか廊下とか細めにして、そしてリビングだとか子供部屋とか各部屋をできるだけ広くしてー」ということを、わが家を設計してくれた設計士さんに伝えているのです。

実際にこれらのスペースを通常のサイズよりもやや小さく作っている建売住宅やハウスメーカーの住宅がありますからね。わが家もそれにならって、廊下とクローゼットともに少しだけ狭目なサイズにしようと思ったのです。

けれども設計士の方によれば、「間取り的にクローゼットを小さくする必要がないし、クローゼットを小さくして部屋のスペースを広げなくても、十分な広さは確保できる」ということでした。ですから収納は通常サイズにしたのですよね。

しかし廊下に関しては、バスルームおよび脱衣所を大きくしたいといった希望もあって、やや狭目に設計してもらいました。けれど今更ながら、その必要もなかったかなーと思っています。やはり廊下は廊下の標準サイズあってこその廊下ですよ。ストレスなく廊下が使用できるようにと、考えられての廊下のサイズなのですからね。

いや、今更言っても仕方がないことですし、それに廊下が細くてそこまで不便をしているわけではないのですが、ただやっぱり廊下についても標準サイズでよかったかもと思っています。実際に使ってみないと生活をしてみないと、よくわからない部分が大きいからこそ家づくりって大変だなーと思いますね。

PVアクセスランキング にほんブログ村

よく読まれている人気の記事

1

夢の新築マイホーム購入を実現するのって羨ましいですよね。 ところが、家を建てて失敗したと思いますか? と聞くと、実に2人に1人が何らかのデメリットを感じているという、驚きの調査結果が出ています。 どう ...

2

【これまでの経緯】 2017年6月 ・賃貸契約が半年後に切れるので、新たな賃貸物件を探し始める。 ↓ ・賃貸に月15万円払うとすると年間180万円。10年で1800万円。20年で3600万円、30年で ...

3

スーモカウンターを利用すると高くなる? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。中には「スーモカウンター経由でお客さんを紹介すると、建築会社は ...

-注文住宅失敗

Copyright© 30代、予算1000万円からの注文住宅ブログ【2018年4月版】 , 2018 All Rights Reserved.