▼当サイトからの申込数No1

注文住宅気密性

【検証】内断熱工法って実際どうなの?

投稿日:

私は核家族であり、妻と長男と次男の4人暮らしです。

私の父母と同居していましたが手狭さを感じ相談した結果、同じ学区に新居を建てることにしました。

本当は中古の住宅をリフォームしたかったのですがなかなか良い物件は見つからず、不動産や住宅メーカーに通う内いつしか新築はどうかという提案が出されました。
金額面での不安もありましたし、住宅メーカーは新築を建てるように甘い言葉巧みに近づいてくること、正当化された理由を次々に出し中古ではなく新築を進めてくることは解っていました。

ただいつしか私も子供が成人するまでしっかりとした家で育ててあげたいという気持ちが強く芽生え妻と相談し新築を建てることで双方合意しました。

東北で降雪地帯に住んでいるため断熱材と冷暖房には力を入れたいと色々な工務店、住宅メーカー、口コミを見ました。

断熱材に関しては様々種類によってメリットとデメリットがあるのは解りました。

ただ、グラスウールだけの断熱材は嫌だったため色々と回った結果吹き付けタイプの断熱材を使用している工務店に出会いました。

こちらの工務店では内断熱工法であり、基礎にも断熱を吹き付けるため全て断熱材で囲っている感覚であると説明がありました。

冷暖房に関して問うと、ストーブや各部屋のエアコンなど様々対応できるとの返答でしたがお勧めは、2台のエアコンで床や天井に伸ばしたダクトを通して部屋に通気するシステムだとのことでした。

今までそのようなシステムを説明されていなかったため食いつきました。

実際使用してみての最大の利点は各部屋がほぼ一定の温度であることです。

脱衣所やトイレが極端に暑い、寒いということはなく全館平均した室温を保つことができています。

このシステムができるのは断熱にも自信があるからであるとのこと。
しかし、このシステムにも弱点はあって異様に家内が乾燥します。

すべてエアコンから出る空気によるものです。
ただ、乾燥は高湿度とは違い自宅を長期的に使っていく上では問題なく加湿器で対応できるとのことでした。

実際、加湿器を使わなければ湿度30%台はざらです。
そのため、夏以外は加湿器が必須になっています。

それでも私らはこのシステムに満足しています。こんなに便利な機能があるのだと皆様にも解っていただきたいと思います。







PVアクセスランキング にほんブログ村

よく読まれている人気の記事

1

そもそも旗竿地って何? 都心部などで家探しをしている際に、必ず目にかかると言ってもいい旗竿地。そもそも、この旗竿地って一体何のことを指すのか分からない方もいらっしゃると思います。 こちらは、不動産業界 ...

2

スーモカウンターを利用すると高くなる? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。中には「スーモカウンター経由でお客さんを紹介すると、建築会社は ...

3

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築会社の中から ...

-注文住宅気密性

Copyright© 予算1000万円からの注文住宅ブログ【2018年1月版】 , 2018 All Rights Reserved.