注文住宅

窓を比較するために住宅展示場に行った結果wwwww

投稿日:

家を注文住宅で建て替えることになって、いろいろな展示場を見に行きました。

どこもきれいにセッティングされていて、とてもきれいな家が多かったのです。実際に注文住宅を建てる会社を決めてから、いろいろと細かい注文を言っていたのですが、出来上がってみて感じたことは、もっと収納場所を多めにすることと、窓の大きさをもう少し小さくすればよかったな、ということです。

天井は通常の注文住宅の平均よりも20センチ高めに作ってもらいましたが、これは成功でした。とても部屋が広く感じられて、圧迫感がないので、気持ちがいいです。2階への階段を広めに作ってもらったのも成功でした。とても上り下りがしやすくていいです。

キッチンには食器乾燥機がついているのですが、食器乾燥機で食器を乾燥させることはないので、無駄だったな、と思います。どうせつけるなら、食器洗浄機をつけるべきだったと後悔しています。

そして、生活してみて感じたことは、お風呂場にエアコンをつけるか、暖房器具をつけるか、床暖房にするかにすればよかったということです。
お風呂場は冬は寒くて、脱衣所が特に寒くて、もっと暖かい環境にすればよかったと後悔しています。

窓が広すぎるのは、明るい部屋にしてほしい、という注文のためでしたが、実際に生活してみると、家具を置く壁がなくて困りました。窓ばかりで、天窓も付いていて、とにかく明るいのですが、その分、冬はとても寒いのです。

それに夏はとっても暑いので、エアコンをつけることが多くて、電気代がかなりかかります。家具を置いた状態の部屋をイメージして設計して貰えばよかったな、と思います。設計図と完成予想図だけではわからないことが多いと思います。

2階のトイレのパイプに音を抑えるロールが巻かれていなかったりして、ちょっとした手抜き工事も見つかりました。気づいたところは直してもらいましたが、まだ気づいていない手抜き工事はあるのだろうと思います。







よく読まれている人気の記事

1

そもそも旗竿地って何? 都心部などで家探しをしている際に、必ず目にかかると言ってもいい旗竿地。そもそも、この旗竿地って一体何のことを指すのか分からない方もいらっしゃると思います。 こちらは、不動産業界 ...

2

スーモカウンターを利用すると高くなる? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。中には「スーモカウンター経由でお客さんを紹介すると、建築会社は ...

3

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築会社の中から ...

-注文住宅

Copyright© 予算1000万円からの注文住宅ブログ【2017年10月版】 , 2017 All Rights Reserved.