注文住宅

レオハウスでの注文住宅

投稿日:

初めは建売か注文かで悩みましたが、建売の物件が当時いいものが見当たらず、とりあえず注文住宅から探そうかというところから始まりました。
頭金の予算が500万程で、土地・建物を含めの総予算は2500万というローコスト住宅を考えておりました。

ローコスト住宅自体を詳しく知らなかったので、本当に大丈夫なのかどうか不安に思い、毎日ネットで情報を調べていました。
何件か周って、一番いいなと思ったところがレオハウスでした。

レオハウスでよかったところは、まず低コストで自分の理想が全て叶うところが大きかったです。他のハウスメーカーでは予算内には入りませんでした。
予算2500万のところを、結果的に2400万で建てることが出来たのです。浮いた100万分で、家具を新調したりすることもできました。

そして、担当の方との相性が抜群に良かった。もしかしたらこれが一番の決め手だったのかもしれません。
たまたまだったと思うのですが、経験豊富な店長さんが担当してくださり、様々な無茶に近い注文をすべて受け入れてくれました。
他にも、主人が誕生日が近い事もあり、サービスもたくさんしてくれました。二階のトイレもサービスで追加していただきました。
住み始めてから、これは失敗したなという点が2点ありました。

1つ目は、台所の照明をすべてダウンライトにしておけばよかったこと。2つ目は階段下のパントリーの天井をもっと高くしておけばよかったこと。
その2点ぐらいでした。他は、かなりこだわって注文したので、何不自由なく暮らしています。

ただ、フローリングの傷のつき具は気になっています。子供がまだ小さいので、おもちゃや物を落とすだけで、すぐにフローリングに傷や凹みが見られるようになりました。
仕方がないので、今はマットを敷くようにしましたが、フローリングの傷や凹みは結構目立つのでショックです。

あと、やはり木造住宅なので壁が季節により収縮するらしく、壁紙に隙間ができてしまいました。ですが、これに関しては数か月毎に行われる点検で補修してくださるという事で安心しています。
今のところ、特に大きな不自由もなく快適に暮らせています。レオハウスで注文住宅を建てれてよかったと思います。







よく読まれている人気の記事

1

スーモカウンターを利用すると高くなる? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。中には「スーモカウンター経由でお客さんを紹介すると、建築会社は ...

2

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築会社の中から ...

-注文住宅

Copyright© 予算1000万円からの注文住宅ブログ【2017年8月版】 , 2017 AllRights Reserved.