注文住宅

新築はこだわりも持ちながら妥協する

投稿日:

階段にこだわりました。土地はあったので家の大きさは変えようがないので、広くない土地を有効活用できるように最初から階段は場所をとらない螺旋階段を希望していました。

螺旋階段の大体の値段とそれを取り扱っているメーカーを展示会などで話して何店かで螺旋階段を元に設計図を描いてもらい一番希望に沿う形の物を選ぶようにしました。

注文住宅と言っても意外と取り扱ってくれるホームメーカーがなく、こだわりを階段に絞ったことで数あるメーカーから自ずと絞られたのは良かったかと思います。

一箇所外すこと出来ないものにこだわりを絞ることでそれを中心にデザインを考えることで、窓一つにしても色々な種類があるなかあまり迷わずにテンポよく決められたのが一番良かった点だと思います。

勿論、暮らしていく場所なのでデザインばかりを優先させると生活しにくい部分も出てくるのでそこは思い切って生活を優先させて妥協しました。
予算の関係も大きくありますが、此処だけは譲れないを一つ持つと他を妥協してもなんとなく結果的には満足できています。

決まった予算があると思いますが、譲れない場所を一箇所だけでも先に決めることは重要だと思います。
住んでみて分かりますが、注文住宅でも此処はこうすれば良かったなどやはり不満や後悔が残ったりします。

それでも、自分がこれだけは絶対と決めて妥協しなかったものがあると、なんとなく不満や不便な部分も許せてきます。
予算の関係で我慢しなければならない事など山のようにあります。

実際、製図してもらうと予算を遥かに上回る金額で素晴らしい作りのものを見せられ、そこから泣く泣く削っていく作業のほうが多いです。
あれもこれもと考えて全部を実現できる予算があればいいですが、大体の場合は難しいかと思います。

家を購入する場合は少しそこに予算が掛かっても譲れないこだわりの場所を持つことで100%とは言えないにしろ満足感を満たしてくれると思います。







よく読まれている人気の記事

1

そもそも旗竿地って何? 都心部などで家探しをしている際に、必ず目にかかると言ってもいい旗竿地。そもそも、この旗竿地って一体何のことを指すのか分からない方もいらっしゃると思います。 こちらは、不動産業界 ...

2

スーモカウンターを利用すると高くなる? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。中には「スーモカウンター経由でお客さんを紹介すると、建築会社は ...

3

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築会社の中から ...

-注文住宅

Copyright© 予算1000万円からの注文住宅ブログ【2017年10月版】 , 2017 All Rights Reserved.