建売住宅 注文住宅

家を建てたあとのアフターサービスの対応が良くて満足

投稿日:

注文住宅で10年ほど前に家を建てたのですが、住宅展示場にまず最初にどこのハウスメーカーにするか決めたくて家族で見学に行きました。
その時に、注文住宅での自分たちの希望を、割と柔軟に対応してくれそうな印象を受けたハウスメーカーに決めました。

見積金額のみで判断するのでしたら、その決定したハウスメーカーよりも安い金額で建ててくれるハウスメーカーもありましたが、自分たちが選んだハウスメーカーは建てるときの打ち合わせから、明らかに売り上げ重視ではなく、私た
ちが実際に住むことになったときに、長い目で見て利用しやすいものを提案して教えてくれました。

何か不明な点を電話で問い合わせても、素早く調べて折返しの電話も早かったですし、電話応対も感じのいい印象でした。

実際に建てた後の住みごこちは、自分たちが考えていたよりも、屋内が静かで窓を閉めていると、本当に外の音がほとんど聞えなくて快適です。

夏の暑い時期や、逆に冬の寒い時期の、極端な寒暖差もエアコン器具を付けなくても、ある程度は保温効果があるようで、今まで古くから住んでいた家に比べて温度が異常に上がったり下がったりということがありません。
電化製品も一括してそのハウスメーカーを通して注文したのですが、値段だけでいえばメーカーによっては安いものもあるのですが、このメーカーが長年利用するならいいですよと勧めてくださったところの電化製品を使用しておりますが、10年たってもそんなに劣化せず普通に使用できています。

年数が経ってきて、どうしても傷んでくるドアのノブの辺りや水回りのアイテムも、大きな故障もなく、部品を少し取り換えるだけとかで済んでいるので、初期費用としては、通常注文住宅を建てる値段よりも高くなりましたが、長年維持していくことを考えた時、建てた時にきちんとした物をチョイスできたことが長い目で見てよかったと思っています。

アフターサービスも、長年利用していると、個々のアイテムの型番等はすべて私たちも把握しているわけではないので、ちょっと不具合があると電話で問い合わせをすると、すぐにホームメーカーの方で調べてくれて、その顧客管理の素晴らしさも大変いいと気に入っております。

今後ホームメーカーを選択する際に、価格のみで判断せず、長くお付き合いをしていく住宅になりますから、よく考えて家族やホームメーカーの方との打ち合わせをすると住宅もいい状態を長く保てるのではないかと思います。







よく読まれている人気の記事

1

そもそも旗竿地って何? 都心部などで家探しをしている際に、必ず目にかかると言ってもいい旗竿地。そもそも、この旗竿地って一体何のことを指すのか分からない方もいらっしゃると思います。 こちらは、不動産業界 ...

2

スーモカウンターを利用すると高くなる? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。中には「スーモカウンター経由でお客さんを紹介すると、建築会社は ...

3

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築会社の中から ...

-建売住宅, 注文住宅

Copyright© 予算1000万円からの注文住宅ブログ【2017年10月版】 , 2017 All Rights Reserved.