注文住宅

お気に入りの注文住宅を考えるのは大変

投稿日:

注文住宅を建てるにあたって「こんな家にしたい」「こういう用途の部屋が欲しい」という希望がありました。ハウスメーカーの設計士さんと相談をして吹き抜けのある希望通りの家が出来上がったのですが注文住宅を建てることは何でも自分の好みにすることができるけれど、決めなくてはならないことが山ほどありすぎて頭の考える容量がオーバーするほど大変なことだということもわかりました。
もともと自分の思い入れの強かったキッチンやキッチン回り、その他の収納、床や間取りについては自分の中で完璧ともいえる仕上がりなのですが、思い入れはあったはずなのに後回しになってしまったり、他の部分の設計をいじっているうちに思っていたものとは違ったものになってしまったのがベランダです。ベランダの形、面積は希望通りなのですが片側が壁面になってしまったり、備え付けの物干しの形状が希望のものとは違ってしまったり散々でした。
仕様書や設計図はもらっていましたが商品の型番が並んでいる状態での判断が出来なかったことと一つ一つの商品を調べ上げることができなかったことと、壁になっているのかどうかということが設計図ではわからなかったということが足りなかったことだと思います。
今でもベランダはあまり好きになれません。せっかく建てる注文住宅、すべてが気にいる空間になるようにすることは自分ですべてをチェックすることが大切でした。

PVアクセスランキング にほんブログ村

よく読まれている人気の記事

1

夢の新築マイホーム購入を実現するのって羨ましいですよね。 ところが、家を建てて失敗したと思いますか? と聞くと、実に2人に1人が何らかのデメリットを感じているという、驚きの調査結果が出ています。 どう ...

2

【これまでの経緯】 2017年6月 ・賃貸契約が半年後に切れるので、新たな賃貸物件を探し始める。 ↓ ・賃貸に月15万円払うとすると年間180万円。10年で1800万円。20年で3600万円、30年で ...

3

スーモカウンターを利用すると高くなる? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。中には「スーモカウンター経由でお客さんを紹介すると、建築会社は ...

-注文住宅

Copyright© 30代、予算1000万円からの注文住宅ブログ【2018年7月版】 , 2018 All Rights Reserved.