注文住宅

注文住宅で念願のマイホームを建てた共働き夫婦

投稿日:

ずっと欲しかったマイホームを建てたくて色々と考え抜いた結果、ハウスメーカーで注文住宅で建築することになりました。

理由は夫婦で共働きでしたのでゆっくり家を検討する時間もなかったこと、子供の小学校の入学が迫っていたこと、予算が限られていて自分たちの要望に無理があったことなどです。

注文住宅は、間取りもサンプルから選ぶことができ、いろいろなパターンがすでに決められているので考えなくてもすむのが利点です。時間のない私たちにはぴったりのものでした。部屋数、間取りなど自由に選べるので便利でしたね。

あとは外観も色や屋根の形、選ぶことができます。いろいろなパターンがあり、モダン系を選びました。予算内で提示してくれるのでそれ以上に価格がオーバーすることもないですし価格の面では安心できました。

しかし実際に住んでみると不満もたくさん出てきました。まずは、外観です。オーソドックスすぎて、近所のお宅と同じような外観になってしまいまったく個性のない家になってしまいました。

あとは間取りを区切りすぎたのか、ひとつひとつの部屋が小さく開放感がありません。リビングくらいすごく広くして開放感があったほうかよかったですね。とにかくふつうの家になってしまい自分たちの家って感じではないですね。何かひとつでも、例えばお風呂を坪庭風にするとかアレンジしてもよかったかなって反省しています。

一番の不満は天井が低いことですね。天井が低いと部屋が狭く見えるのです。家全体も低いので隣の家よりも小さい家に見えてしまいます。家の高さまで気にしていませんでしたね。もっと余裕のある空間の家にしたかったですね。でも工期も短く入学に間に合ったので満足しています。







よく読まれている人気の記事

1

そもそも旗竿地って何? 都心部などで家探しをしている際に、必ず目にかかると言ってもいい旗竿地。そもそも、この旗竿地って一体何のことを指すのか分からない方もいらっしゃると思います。 こちらは、不動産業界 ...

2

スーモカウンターを利用すると高くなる? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。中には「スーモカウンター経由でお客さんを紹介すると、建築会社は ...

3

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築会社の中から ...

-注文住宅

Copyright© 予算1000万円からの注文住宅ブログ【2017年10月版】 , 2017 All Rights Reserved.