2200万円の家

注文住宅を部分的にセルフビルドした結果・・・

投稿日:

昔から洋風の家に住みたいという気持ちを持っていました。実際にはレンガで作られたような住宅が欲しかったのですが、それだと予算がかかってしまうという事を知ってしまったので、結果的にアーリーアメリカンスタイルとなってしまいました。ですが、窓の飾りや屋根の下の飾りなどにはこだわりを持ちました。

また基本的には、洋風住宅というのは高気密高断熱です。

私たちは長く実家に住んでおり、一軒家の寒さというのも知っていました。

冬の時期には家の中が7度になってしまうことさえありました。

少しだけ外の風を遮るという程度で、寒さをしのぐとは到底できませんでした。寒くて寒くて仕方がなくて、布団から起き上がることさえ不可能だったのです。

ですが高気密高断熱住宅というのは、隙間なく断熱材が埋め込まれています。

私はこういう住宅に住んでみたいと思うようになっていました。

そして主人にそれを話してみたところ、やはり自分も暖かい家に住みたいというようになっていたので、お互いに建築したい家というのも次第に決まってきました。

ですが高気密高断熱を売りにしている大手ハウスメーカーの価格を見たところ、かなり割高だったこともわかりました。
ですから自分達で建築してくれる業者を探して始めたのです。私たちは自分たちなりの価値観で考えながら、決めたい住宅を決めたいと思っていたのですが、想像以上に費用がかかってしまいました。

結果的に住宅を建てるだけの費用で2,200万かかってしまいました。もう少しいろいろな業者に見積もりをしてもらった方がよかったと後悔しています。

地盤改良などはしなくても良かったので、その辺は良かったのですが私達が下した土地は75坪もあり、周囲を取り囲む外壁を施行するだけでもかなりの予算がかかってしまいます。

そこで私たちは、外壁を作る知識なども自分達で考えて、外壁を自分たちで作ってしまいました。これを人に頼んだら200万を超えていたと思います。

ですが自分達で作ったので、35万ぐらいで済んでしまいました。

ですから、例えば部分的に自分達でセルフビルドできるのであればそうした方が良いと思います。

住み始めてみて、いつも室内気温は20℃前後で快適ですし、特に不具合等は起こっていません。ただ住宅ローンの価格はとても高いので、そこだけが悩みです。

PVアクセスランキング にほんブログ村

よく読まれている人気の記事

1

夢の新築マイホーム購入を実現するのって羨ましいですよね。 ところが、家を建てて失敗したと思いますか? と聞くと、実に2人に1人が何らかのデメリットを感じているという、驚きの調査結果が出ています。 どう ...

2

【これまでの経緯】 2017年6月 ・賃貸契約が半年後に切れるので、新たな賃貸物件を探し始める。 ↓ ・賃貸に月15万円払うとすると年間180万円。10年で1800万円。20年で3600万円、30年で ...

3

スーモカウンターを利用すると高くなる? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。中には「スーモカウンター経由でお客さんを紹介すると、建築会社は ...

-2200万円の家

Copyright© 30代、予算1000万円からの注文住宅ブログ【2018年7月版】 , 2018 All Rights Reserved.