▼当サイトからの申込数No1

4500万円の家

予算4500万円で注文住宅を建てたかったのですが・・・

投稿日:

我が家は2017年の3月に完成したマイホームです。
注文住宅にすることは当初から決めていました。

しかし、貯金も少なかったため、4500万で土地と建物を完成させようと夫婦で決めていました。
これが甘かったです。

まずは土地探しから始めました。住みたいエリアは3候補あったので不動産でそのエリアの土地情報を毎週仕入れにいきました。
もちろんインターネットで調べることは毎日暇さえあればしていました。
毎日更新される土地情報。
しかし、希望条件をクリアする土地はなかなか決まらずにいました。

正直、この段階でスーモカウンターに相談しておけば良かった・・・と今さらながら思います(T_T)

その後、不動産の社長から、さっきでたばかりの土地情報を得ました。
それは希望する坪数よりは小さめでしたが、他の条件をクリアしていました。
実際に見学にいくと環境もよくすぐにそこにしようと決断しました。

建築会社選びは、まず、ハウジングセンターへ足を運ぶことから始めました。
しかし現実はやはり金銭問題。
予算とはかけ離れた金額でしたのですぐに諦めました。

もちろん金額だけではありません。「カフェ風な家にしたい」という理想をかなえてくれる会社はありませんでした。
そこでいろいろとインターネットで探し、見つけたのが地元の工務店でした。

予算内に建てられて、尚且つ理想通りの家を建てられるとのことでした。
すぐに即決し、契約しました。
間取りは自分で考えたので、満足しています。
しかし、現場監督には不満だらけです。

こちらが質問のメールをしたり、お願いのメールをしても返事はくるものの反映されていませんでした。
最悪なことには、家が建ってみてバルコニーの手すりの色が選んだものと違っていることに気づきました。

すぐに現場監督に電話をすると、「奥さんが選んだものですよ」の一点張りでした。
話にならなかったので、すぐに社長へ電話をして対応してもらいました。
ここには書ききれないほどの不満がたまりましたが、現在住んでみてやはりマイホームはいいなと思います。広々とした空間や、自分で選んだ家具に毎日癒されています。







PVアクセスランキング にほんブログ村

よく読まれている人気の記事

1

そもそも旗竿地って何? 都心部などで家探しをしている際に、必ず目にかかると言ってもいい旗竿地。そもそも、この旗竿地って一体何のことを指すのか分からない方もいらっしゃると思います。 こちらは、不動産業界 ...

2

スーモカウンターを利用すると高くなる? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。中には「スーモカウンター経由でお客さんを紹介すると、建築会社は ...

3

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築会社の中から ...

-4500万円の家

Copyright© 予算1000万円からの注文住宅ブログ【2018年1月版】 , 2018 All Rights Reserved.