注文住宅

家なんて買うんじゃなかった!ハウスメーカー選びで失敗したくないならこれを試すべきだった!

投稿日:

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。

私みたいに業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。

では無数に存在する建築会社の中からあなたにベストな建築会社をみつけるにはどうしたら良いのでしょうか?

(1)情報収集の方法

1.知人・友人からの口コミ

真っ先に思いつくのが、知り合いに聞いてみるという方法です。

良い部分だけでなく悪い部分についても聞きやすいというメリットがあります。

デメリットとしては、経験値が少ない人からの評判しか聞けないということです。

ほとんどの人は家を建てたことがあっても1回だけです。

構造など安全性に関わる部分は見ただけでは良し悪しが分かりません。

情報の集めにくさも問題です。

たくさんの業者の中から選ぶためにはそれぞれの業者についての情報が必要になります。

しかし、知人・友人から集められる情報量には限界があります。

2.インターネットの評判

良い面も悪い面も知ることができる手段といえば、インターネットを使った情報収集も同様です。

直接聞くのとは違い、インターネット上にはたくさんの情報や評判があります。

パソコンやスマートフォンを使えば、自宅にいながら情報収集が行えます。

この場合のデメリットは、評判を書いた人がどんなひとなのかわからないということです。

例えば、どんな地域に住んでいるかで業者への評価は大きく左右されます。

寒冷地が得意な業者もあれば、暑さ対策が得意な業者もあります。

その人の家族構成も評価に影響します。

小さな子どものいる家庭と、夫婦だけの家庭では、家に求めるものが違います。

こうした背景がわからなければ、書かれている評価が自分にも当てはまるかどうかの判断はできません。

残念ながら、インターネットにある評判は断片的なことが多く、必要な情報を集めるのは考えているよりも骨が折れます。

3.住宅展示場での説明

住宅展示場では、完成した住宅の実物をみることや、それぞれの営業担当者から説明を聞くことができます。

業者選びにはベストな場所に思えますが、見学に行く際は注意が必要です。

なぜなら、ライバル同士が近くにいる関係上、どの業者も自社の良い所をアピールするのに必死になっているためです。

その業者の長所をアピールするだけならまだしも、時にはほかの業者の短所を並べることもあります。

これでは偏った情報しか得られず、公平な判断も困難になります。

(2)効率的で上手な業者選びの方法

知人からの口コミやネットの利用、住宅展示場の見学にはそれぞれメリットがあるものの、デメリットも多く抱えています。

欠点を補うために色々な手段を用いるのも良いのですが、できればもっと効率的に業者選びを進めましょう。

スーモカウンターの無料講座は、なかなか利用価値があり、私のまわりの多くの知人も利用しています。

スーモカウンター公式サイトから予約する

はじめて注文住宅を建てるのであれば、まずは最新の知識を一通りつけないと迷ってしまいます。

はじめての場所へのドライブでカーナビがないと、なかなか目的地にたどりつけないのと同じですね。

PVアクセスランキング にほんブログ村

よく読まれている人気の記事

1

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。 私みたいに業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築 ...

2

【これまでの経緯】 2018年11月 ・賃貸契約が半年後に切れるので、新たな賃貸物件を探し始める。 ↓ ・賃貸に月15万円払うとすると年間180万円。10年で1800万円。20年で3600万円、30年 ...

3

スーモカウンターを利用するとデメリットもある? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。 確かに、これだけのサービスを無料で運営されているのは ...

-注文住宅

Copyright© 予算1000万円からのローコスト注文住宅ブログ【2019年版】 , 2019 All Rights Reserved.