注文住宅

不動産屋さんとの家づくり

投稿日:

元々、畑だった土地を宅地に変更!

我が家を新築するときはかなり慎重にたくさんの選択肢から選びました。

工務店さんやハウスメーカー、建築士事務所などがそれぞれ開催する見学会や相談会、モデルハウスへ週末ごとに出向いて悩みに悩んで決めましたが

最終的には、数あるメーカーの中から、建築部門もある不動産屋さんにお願いすることになりました。

元々は土地だけを取り扱っていた不動産屋さんが、付加価値をつけて土地を売りやすくするために自社で建売や注文住宅を始めたということでしたが

さすが不動産のプロというだけあって、日当たりや利便性、周りの土地柄などの情報をたくさん持っているので、総合的な視点で妥協のない土地探しをすることができました。

もともと畑だった土地に建てることになったのですが、きちんと何メートルか掘り起こしてコンクリートを混ぜる地盤改良工事をしてくださり

耐震にも充分に配慮した安心の対応をしてもらうことができました。

その土地の特徴をよく分かった上で設計から建築までをワンストップでお願いできるので、行き違いもなく進行がとてもスムーズで

契約も一括なのであちこちに頼む時のようなの煩わしさもなかったです。

建売を扱ってるからこその利点!

また、ラッキーだったのは、建売を多く扱っている業者さんだったので、壁紙を自由に選んでも残りを他の建売に回すことでロスを減らすという方法をとっていたこと。

本来どの壁紙を選ぶかによって値段も上下するのだと思いますが、どれを選んでも定額という対応をしてもらえたので素敵なものを選ぶことができました。

冬にはとても寒くなる地方に住んでいるので、一番の心配は断熱のことでしたが、ウレタンを吹き付ける方法で隙間なく断熱処理をしていただき

その様子も家の裏側まで見学することができたので、納得してお任せしました。

いまは実際に何年か住んでみていますが、真冬でもエアコンだけでかなりあったかいので助かっています。

不動産屋に強いハウスメーカーという選択は、土地の特徴を最大限に生かして住みよい家を作ることが出来ると思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村

よく読まれている人気の記事

1

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築会社の中から ...

2

【これまでの経緯】 2017年6月 ・賃貸契約が半年後に切れるので、新たな賃貸物件を探し始める。 ↓ ・賃貸に月15万円払うとすると年間180万円。10年で1800万円。20年で3600万円、30年で ...

3

スーモカウンターを利用するとデメリットもある? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。 確かに、これだけのサービスを無料で運営されているのは ...

-注文住宅

Copyright© 予算1000万円からのローコスト注文住宅ブログ【2018年9月版】 , 2018 All Rights Reserved.