至れり尽くせりの注文住宅選び | 予算1000万円からのローコスト注文住宅ブログ【2018年8月版】

注文住宅

至れり尽くせりの注文住宅選び

投稿日:

地元の工務店に決めたポイントは!?

我が家にも待望の赤ちゃんが生まれることになったことが、住宅を購入するという決断につながったことはいうまでもありません。

両親からは「早く家を購入した方が良い」とは言われていましたが、何となく住宅ローンを組むということに二の足を踏んでいたのです。

私は妻と相談の結果、注文住宅を購入することに決めました。
依頼する業者については、色々と迷った末に地元の工務店に決めました。

一番、融通を利いてくれそうな気がしたからです。
実際の建築については、私自身も詳しくないため、工務店の担当者に一任することにしました。

一番悩むことになったのは、場所選びについてです。
お花見や運動会の場所とりとは異なり、生涯を過ごすことにもなるわけですから、自然と気合が入ってしまいました。

結局、選んだ場所は駅から徒歩で10分以内という好立地。
坪数は30坪であり、建物価格と土地価格を合わせると4500万円という金額になりました。

間取りでこだわった所は!?

 

気になる間取りについては、3LDKです。
妻が最もこだわることになるのがキッチンです。

このキッチンについては、全くといっていいほどに独断で決めてしまいました。
いわゆるシステムキッチンを選択しましたが、結果的には、妻も気に入ってくれたので良かったと思っています。

当初の予算では、何とか4000万円以内に抑えたいと思っていましたので、実際には500万円ほどの予算オーバーとなってしまいました。

しかしながら、その程度のオーバーについては、想定の範囲内だと思っています。
自宅は南向きになっており、光が差し込むような環境になっています。

私が最も気に入ったポイントが、少し高台になっているため、眺望に恵まれている点です。
おまけに決して広くはありませんが、車を停めることができるスペースも確保することができました。

銀行の融資についても、工務店の担当者が紹介をしてくれました。
いわゆるマイナス金利の導入もあり、金利は極めて低く抑えられています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

よく読まれている人気の記事

1

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築会社の中から ...

2

【これまでの経緯】 2017年6月 ・賃貸契約が半年後に切れるので、新たな賃貸物件を探し始める。 ↓ ・賃貸に月15万円払うとすると年間180万円。10年で1800万円。20年で3600万円、30年で ...

3

スーモカウンターを利用するとデメリットもある? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。 確かに、これだけのサービスを無料で運営されているのは ...

-注文住宅

Copyright© 予算1000万円からのローコスト注文住宅ブログ【2018年8月版】 , 2018 All Rights Reserved.