タウンライフ家づくりの特徴とメリット | 予算1000万円からのローコスト注文住宅ブログ【2018年8月版】

注文住宅

タウンライフ家づくりの特徴とメリット

投稿日:

家づくりを始めた人が最初に躓くのがハウスメーカーや工務店の選び方です。
日本全国にはたくさんの住宅会社があり、どんな会社があるのかを探すだけで大変です。さらにその膨大なハウスメーカーの中から自分の希望にあったところを探すにはかなりの労力を求められます。

どんな間取りにするのかも大きな問題の一つです。
なんとなくのイメージはあっても、具体的に間取りを考えるとなると行き詰まってしまう人が多いです。間取りは住心地や生活に大きな影響を及ぼすため、安易に決めてしまうと不満の残る家づくりになってしまいます。

依頼先探しと間取り、この2つの問題を解決するのに役立つのがタウンライフ家づくりです。タウンライフ家づくりでは家を建てる人に役立つ様々な情報を得ることができます。
今回はタウンライフ家づくりのメリットとデメリット、使い方などについて紹介します。

タウンライフ家づくりとは?

ダーウィンシステム株式会社というところが運営しているサービスで、家づくりに役立つ情報を提供しています。
日本全国にある大小様々なハウスメーカー・工務店と提携しており、自分の希望にあった会社を探すことができます。

タウンライフ家づくりでは、専用フォームから申し込むと「家づくり計画書」を貰うことができます。
この計画書には「間取りのプラン」「資金計画」「土地の情報」など、家づくりを行う人にとって非常な情報が書かれています。

利用料はかからず、誰でも無料で家づくり計画書を貰うことができます。
全国のハウスメーカー・工務店が登録されているため、希望地域にあった情報を自宅にいながら簡単に手に入れられます。

住宅に関する資料の一括請求サービスはタウンライフ以外にもあります。
例えば、リクルートの運営するSUUMOでも同様のサービスを運営しています。知名度は遥かにSUUMOの方が高いため、SUUMOの方が優れているのではないかと思うかもしれませんが、タウンライフ家づくりにしかないサービスもあります。
SUUMOの場合、一括請求で貰えるのはカタログなどの資料のみです。しかし、タウンライフでは資料だけでなく、間取りのプランや資金計画書も一括で請求できます。
一度の操作で深い情報まで得られるのは、タウンライフ家づくりの大きな強みです。

家づくりは比較が重要

家を建てるなら様々な点で比較がかかせません。
家の価格や間取り、内装や進め方など、ことあるごとに複数のものを揃えていろいろと比べてみましょう。

ほとんどの人にとって家を建てるのは初めてのこと。どれがスタンダードで基準なのかがわかりません。よく調べたり比べたりしないまま家づくりを進めてしまうと、失敗したり騙されたりする原因になります。

住宅価格の比較

家の価格は家の内容とどこの会社が建てるかで全く異なります。
特に注文住宅の場合、オーダーメイドの一点物になるため、他の人の家の値段はあまり参考になりません。
自分の希望通りの家を建てる場合の相場がどの程度になるかは、見積もりをいくつか比較しなければわかりません。

比較によってコスト削減

いくつかのプランを比べることで、不要な設備やオプションに気がつきやすくなります。
また、他社の見積もりは価格交渉にも役立ちます。見積もりをうまく使えば値引きをしてもらえるかもしれません。

間取りの比較

同じ要望に応じて作られた複数の間取りを見比べることで、それぞれ間取りが持つ長所や問題点に気がつくことができます。
何か問題がある間取りでも、たった一つでは使いにくさに気が付けないことが多いです。

信頼できる住宅会社を見つけやすい

質問への対応の誠実さやスピードは、会社や営業によってまちまちです。家づくりはスムーズにやり取りできる信頼関係がなければうまく進みません。
見積もりを依頼したり比較をしたりする過程で信頼のおけそうな担当を見つけましょう。

タウンライフ家づくりのメリット

●時間と手間の削減
家づくり成功のためには資料や間取り、見積もりの比較がかかせません。しかし、それを個人の力だけで集めようと思うと大変です。
めぼしい業者を探し、それぞれに希望を説明し、いちいちプランと見積もりの作成を依頼していては疲れ果ててしまいます。
しかも、熱心だったりしつこかったりする営業に捕まると、話を聞くだけでかなりの時間を奪われてしまいます。

しかし、タウンライフ家づくりを活用すれば、資料集めにかける時間と手間を大幅に削減できます。
請求にかかる時間は5分程度で、しかも自宅から簡単に申し込むことができます。

●住宅価格の目安がわかる
すでに述べたように家の価格は内容や建てる会社によって千差万別。
正確な相場は見積もりを取らなければわかりません。

住宅価格の目安として用いられるものに「坪単価」がありますが、実際には坪単価が住宅価格や予算の参考になることはありません。

坪単価は建物価格を面積で割って決めます。
しかし、建物価格には住宅設備やオプション、地盤調査費用、地盤改良工事費、外構工事費などの費用が含まれていません。実際に住める家にするのに必要な工事でさえも坪単価に含まれていないため、坪単価から算出した費用は実際に必要な金額よりもずっと少ないものになります。

さらに、建物の面積の計算方法や建物価格に含まれる内容はハウスメーカー・工務店ごとに異なるため、比較にもなりません。

●間取りを比べられる
タウンライフ家づくりでは一括請求サービスの中では珍しく、間取りのプランの一括請求ができます。

同じ要望でも、どんな間取りや工夫で形にするかは設計者によって違います。たとえ契約しなかった業者の間取りでも、より良い間取りを考えるうえでは貴重な資料になります。

一つの間取りを改善していくよりも、複数の間取りの良いところを合わせていけば、もっと簡単に理想の間取りに近づけることが可能です。

●良い土地を見つけやすくなる
当然家を建てるには土地が必要です。
土地のない人はハウスメーカー探しだけでなく土地探しも行わなくてはなりません。

希望通りの土地を探すのは大変です。いろいろな不動産業者を訪れ、良さそうな土地がないか聞いて回る必要があります。
予算が限られている以上、土地の価格と建物の価格でバランスを取る必要もあります。

タウンライフ家づくりでは、土地を探している人むけの情報も取り扱っています。
しかも、ハウスメーカーなどが持っている、一般的には公開されていない土地についての情報も得られる可能性があります。
普通に不動産業者を巡るよりも選択肢が広がるため、よりよい条件の土地を見つけやすくなります。

タウンライフ家づくりのデメリット

●相談やアドバイスなどの対応はなし
あくまでも資料請求サービスであるため、家づくりの相談に乗ったり、第三者からの立場からアドバイスをしたりなどのサービスは行っていません。
疑問や質問は直接各ハウスメーカー・工務店に行うか、スーモカウンターを併用するようにしましょう。

●家づくり計画書の内容はまちまち
タウンライフ家づくりの魅力は間取りプランや資金計画書を貰えることですが、ハウスメーカーや工務店によっては資料の送付のみといった場合もあります。
全ての会社で間取りや資金計画書を貰えるわけではないため、注意しましょう。

タウンライフ家づくりに関する疑問

●怪しい会社に当たる心配は?
タウンライフ家づくりに登録されているハウスメーカー・工務店は600以上。
たくさんの会社が登録されているのは選択肢が広がって嬉しい一方で、危ない会社が混じっていないか不安になる部分でもあります。

しかし、心配には及びません。
タウンライフ家づくりでは、建築業許可票や宅地建物取引業者免許証、瑕疵保険への加入などの確認を行った業者のみ登録しています。さらに、反社調査を行い、問題のある企業が登録されることのないように入念なチェックを行っています。

どうしても心配だという場合は、大手ハウスメーカーに限って資料請求することもできるようになっています。

●しつこい営業の心配は?
インターネットの一括請求サービスを利用するうえで不安なのがしつこい営業にあわないかどうかです。
サービスによっては登録直後にたくさんの電話がかかってくるものもあります。

タウンライフ家づくりでは、このようなしつこい営業に悩まされることはありません。
そもそも住宅の場合、営業するには図面や写真などがかかせません。電話をかけてもあまり効果はありません。

プランなどはメールで送られてくるため、電話でのやり取りは基本的にありません。
また、一度断った業者から何度も営業をかけられることもありません。

●資料を請求したら必ず契約しなければならない?
資料やプランを請求した業者の中に気に入ったものが見つかれなければ、契約しなくても全く問題ありません。ペナルティもありません。
ただ、プランや間取りの作成には手間がかかっています。必要以上に多くの資料を請求するのはさけ、興味がなかった業者に対しても断りの連絡を入れておくのが親切でしょう。

●手数料を請求されることはある?
タウンライフ家づくりの利用には一切お金はかかりません。
契約成立時に仲介手数料を求められたり、住宅価格にタウンライフ家づくりの利用料が足されたりする心配もありません。

タウンライフ家づくりの使い方

まず、タウンライフ家づくりのトップページで都道府県と市区町村を選択し、作成依頼をスタートします。
次に、間取りや予算、土地の広さなど住宅に関する予定や要望を入力します。連絡先や名前、メールアドレスなどの個人情報についてもこの時入力します。
次に進むと、家づくり計画書作成依頼を送る住宅会社の候補が表示されます。その中から気に入った会社を選んで、送信すれば完了です。
入力にかかるのは5分から10分程度で、画面の案内に従って進めていくだけなので簡単です・

資料が届くまで早ければ3、4日、遅くとも2週間以内に依頼した全ての会社から資料が届きます。

タウンライフ家づくりを活用して満足できる家に

納得できる家づくりのためには、価格や間取りの比較がかかせません。
いろいろなハウスメーカーや工務店に間取りやプランの作成を依頼するのは大変ですが、一括請求サービスを活用すれば、自宅にいながら比較に必要な資料を集めることができます。

PVアクセスランキング にほんブログ村

よく読まれている人気の記事

1

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築会社の中から ...

2

【これまでの経緯】 2017年6月 ・賃貸契約が半年後に切れるので、新たな賃貸物件を探し始める。 ↓ ・賃貸に月15万円払うとすると年間180万円。10年で1800万円。20年で3600万円、30年で ...

3

スーモカウンターを利用するとデメリットもある? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。 確かに、これだけのサービスを無料で運営されているのは ...

-注文住宅

Copyright© 予算1000万円からのローコスト注文住宅ブログ【2018年8月版】 , 2018 All Rights Reserved.