自由設計

北米建築の見た目は最高でしたが…

投稿日:

北米建築に憧れて選んだメーカーが

 

理想の家を建てれる『注文住宅』って素敵ですよね。

私達夫婦も北米建築が好きだったので、そういう建築を得意とするハウスメーカーさんを探してお願いする事にしました。

メーカーさんとの打ち合わせは最初から弱冠不安でした…でもここのメーカーさんはHPで見るととても素敵な建築なので

『大丈夫だろう』と思っていたのが甘かったです。

施工も散々な結果になりました

設計士さんに『仕事場として、地下を使いたいからシャワールームやトイレスペースもお願いします』と言っておいたのに

スポっとそこが抜けていてメーカーさんお薦めの吹き抜けや螺旋階段を描いてくる始末…。お薦めしたいのは分かるのですが

こちらが頼んでいない物を描いてくるのには本当に困りました。何度も打ち合わせを重ねて何とか私達の希望通りの内装設計になりました。

施工が始まってからは順調に進むであろうと思っていたのですが、ここでも問題が。
建築に必要な部品や内装の飾りなどが足りないので『海外からの取り寄せ』になるというのです。

予算も加算されたのですが、これはまあ良いとしましょう。
でも部品がないと結局『工期』が延びる訳です。

しかも、こうした説明がメーカーさんから全くされておらず、工期が延びたせいで引っ越し業者をキャンセルしました。

最終的に工期を3週間ほどオーバーして家は完成しました。
もう、それだけでこちらとしては結構な損害です。ですが出来上がた家は外観は予想以上に素敵な仕上がりでした!

ですが内装が工期をオーバーしていたので急いだのかペンキの塗り忘れなどが多く、最終的なハウスクリーニングも済んでおらず水場などの埃が目立ちました。

メーカーさんは『クリーニングなどは後日にしますから』などと言っていましたが結局引っ越しまでには間に合わず自分と主人で掃除しました。

他にも地下室に工具が置きっぱなしになっていたりドアの立て付けも悪かったりして何だか。折角理想の家を建てたはずなのにケチがついたような気がしました。

しかも、ここまで酷い仕上がりだったのにも関わらずメーカーさんからは謝罪が全くないのにも驚きました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

よく読まれている人気の記事

1

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築会社の中から ...

2

【これまでの経緯】 2017年6月 ・賃貸契約が半年後に切れるので、新たな賃貸物件を探し始める。 ↓ ・賃貸に月15万円払うとすると年間180万円。10年で1800万円。20年で3600万円、30年で ...

3

スーモカウンターを利用するとデメリットもある? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。 確かに、これだけのサービスを無料で運営されているのは ...

-自由設計

Copyright© 予算1000万円からのローコスト注文住宅ブログ【2018年11月版】 , 2018 All Rights Reserved.