注文住宅はメンテナンス費用を考えた設計も必要 | 予算1000万円からのローコスト注文住宅ブログ【2018年8月版】

1400万円の家

注文住宅はメンテナンス費用を考えた設計も必要

投稿日:

注文住宅の魅力は?

建売住宅と違って一から自分たちの要望通りにできる注文住宅、これは魅力的に思えました。

色々迷ったものの、結果としては満足できる仕上がりになりました。
カタログと実際は違うと思うものもありましたが、まあ許せる範囲内です。

メンテナンスの必要性と費用

注文住宅を建てて初めてわかったことは、家のメンテナンス費はかなりかかるということです。

よく、ハウスメーカーは点検をやってくれますが、その度に費用をとられるのかと思うと、たったの10年で外壁と屋根の塗装が必要になるくらい柔い家だったのかと思ってしまいます。

日本の技術をもってするならば、もう少し新築時の耐久性を維持できるのではないかと。
一応、メンテナンスの頻度が低い素材を選んだつもりなのですが、メーカー側としては悪くなる前に早めの処置を行いたいのでしょう。

とはいえ、同じ時期に私たちと同じように注文住宅を建てた友人は、運悪くそのハウスメーカーが家を建てた数年後に倒産してしまったため、今は点検がないそうです。

それでも何もせず15年以上経って不備が出ていないということは、実はメンテナンスはそんなに高い頻度で行う必要がないのではないでしょうか。これが私を疑心暗鬼にさせました。

外壁塗装の費用なんて10年ごとに必要だと言うところもあります。
そしてそれは家にかかった価格の10%というから、本当にその通りにしていたら家の維持費というのはとんでもないことです。

もちろん、しないよりはした方が良いことはわかっていますが、友人のことがあるのでしなくても良いではないかという思いが働くようになりました。

それからは、うちではメンテナンスをした方が良いと推奨されても、少し先送りにすることにしています。それで十分だと体験して知ったからです。

また、日本の家はつくづく使い捨てであるなと実感しました。
それほど高頻度でメンテナンスを行わないといけない短い寿命で、ここまで高い技術を持ちながらなぜ海外のように次の世代まで受け継がれる長寿命の家ができないのか疑問を持っています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

よく読まれている人気の記事

1

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築会社の中から ...

2

【これまでの経緯】 2017年6月 ・賃貸契約が半年後に切れるので、新たな賃貸物件を探し始める。 ↓ ・賃貸に月15万円払うとすると年間180万円。10年で1800万円。20年で3600万円、30年で ...

3

スーモカウンターを利用するとデメリットもある? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。 確かに、これだけのサービスを無料で運営されているのは ...

-1400万円の家

Copyright© 予算1000万円からのローコスト注文住宅ブログ【2018年8月版】 , 2018 All Rights Reserved.