2000万円の家

社宅から出るタイミングと子育てのタイミングで家を持ちました

投稿日:

子供の入学前にマイホームを決めました!

 

結婚後、社宅に住んでいましたが、8年経過したら、退出しないといけないという会社の決まりがあり、家探しを始めました。

もう一つは、夫が本社勤務になり、転勤の可能性があまりなくなったため、持ち家で一つのところに落ち着いてもいいかな、と思えたこともあります。

さらに、子どもが生まれ、社宅では手狭になったことと、子どもの年齢もあり、小学校での転校を避けたいという意図もあって、子どもが小学生になるまえに、新居に引越したいという考えもありました。

思いったって、土地探しから始めました。
条件は、夫の会社からそう遠くない複数の地方都市のなかで、JRの駅から徒歩圏内ということでした。

なぜなら、車社会の地域でしたから、あまりバスは期待できず、また、できれば将来子どもを都市部の私学に通わせたいという希望も持っていましたので、JRの駅から徒歩圏内であることが必須条件でした。

予算は、いろいろな手続きの費用や引越し費用など、全てを含めて5000万円でしたので、土地の利便性を考えたときには、土地の坪数をおさえるという選択肢しかありませんでした。

結局、土地関連でかかった費用は約45>坪で、約2500万円でした。

3回家を建てないと満足できない!?

その土地に建てた家は二階建て、約35坪程度の大きさでした。
かかった費用は約2000万円です。地方の中堅の工務店に依頼しました。

というよりも、建築条件付きの土地だったので、そうせざるをえなかったです。

そのほか、外構部分や庭、銀行のローンの申請、家具・調度品購入、引越しなど、もろもろの費用で、合計ほぼ5000万円になりました。

ちょうど予算内に収まりましたけど、予算内に収めるようにした、というのが正解で、本当はこうしたかった、ということが多々あったのですが、断念しました。

その点からいえば、想定していた価格より土地代金が高かったことにより、合計では高くなった、ということになるかと思います。

ただ、最初から無理をして、ローン返済ができなくなることを避けたかったから、やむを得ません。結果として、ローンは順調に支払うことができましたが。

ただ、住んでみて思うことは家は三度建てないと満足できないといわれるとおり、ああすればよかった、こうすればよかった

という点が多々あるので、最初はあまり無理をせずに家を持ち、ついで理想の家に移り住めるように、お金を貯めていき自分の夢を一生かけてかなえるというのもいいのではないかと思いました。

PVアクセスランキング にほんブログ村

よく読まれている人気の記事

1

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築会社の中から ...

2

【これまでの経緯】 2017年6月 ・賃貸契約が半年後に切れるので、新たな賃貸物件を探し始める。 ↓ ・賃貸に月15万円払うとすると年間180万円。10年で1800万円。20年で3600万円、30年で ...

3

スーモカウンターを利用するとデメリットもある? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。 確かに、これだけのサービスを無料で運営されているのは ...

-2000万円の家

Copyright© 予算1000万円からのローコスト注文住宅ブログ【2018年11月版】 , 2018 All Rights Reserved.