3000万円の家

吟味しつくした住宅に満足しています

投稿日:

住宅購入のきっかけは妊娠でした

結婚してからずっと夫婦二人でアパート生活をしていました。
子供も居なく共働きだったので住宅資金が貯まったらいずれは持ち家を購入したいと考えていました。

結婚してから数年たって妊娠したことをきっかけに住宅建築を本気で考え始めました。

やはりアパート住まいは物音や話し声が気を付けていても聞こえてしまうので、まして赤ちゃんが生まれたら泣き声や走り回る音も時間を問わず出してしまうことになるので

周囲への迷惑と気を使わなくてはならない自分たちのストレスを考えました。

妊娠がわかって比較的すぐに注文住宅建築の為の行動を起こしたので、出産後2か月目で引っ越しをすることが出来ました。

予算オーバーでしたが納得のいく物ができました

坪数は75坪、建物自体の価格は3200万円程度、土地価格は1200万円程度です。

いずれは持ち家を持ちたいと考えていたので日頃からモデルハウスは気にかけていました。

その為すぐに相談したい住宅メーカーが見つかり、モデルハウスを見に行ってすぐに担当者と相談に入りました。

ハウスメーカーと間取りや設備をすべて相談して設計から施工まで全てをお願いしました。

価格については比較的駅や商業施設からも近い住宅地を選んだので居住している市内の中では比較的地価が高い方ですが、予想とほぼ同等の納得できる価格でした。

建物価格についても自分たちとしては建物3000万円、土地1000万円という予算を立てていたので少し足は出ましたが一生に一度の買い物なので納得しています。

やはりある程度の予算は立てていても実際に間取りを吟味したり、窓の数、住宅設備等を住みやすいように相談していくうちに

真の価格が決まってくるので始めは少し高いかなと思っても必要性を感じれば納得できてくると思います。

実際に希望通りに施工してもらって生活してみると、やはりあの時妥協しなくて良かったと思える点が多々あります。

建物は家族の人数や生活スタイルによってそれぞれの箇所の重要性が変わってきますので、長い目で見たライフプランを想定し吟味していくと納得のいく住宅がもてると思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村

よく読まれている人気の記事

1

ハウスメーカー、工務店はテレビCMでみるような代表的な業者だけでも、無数に存在しています。業者選びに失敗すると、注文住宅で失敗する確率は極めて高くなってしまいます。 では無数に存在する建築会社の中から ...

2

【これまでの経緯】 2017年6月 ・賃貸契約が半年後に切れるので、新たな賃貸物件を探し始める。 ↓ ・賃貸に月15万円払うとすると年間180万円。10年で1800万円。20年で3600万円、30年で ...

3

スーモカウンターを利用するとデメリットもある? スーモカウンターのサービスが充実している分、何か裏があるのではないかと疑っている人も多いようです。 確かに、これだけのサービスを無料で運営されているのは ...

-3000万円の家

Copyright© 予算1000万円からのローコスト注文住宅ブログ【2018年9月版】 , 2018 All Rights Reserved.