3000万円の家の動線と収納の満足度

7年ほど前に注文住宅新築1戸建てを建てました。

いろいろ場所も検討しましたが、自分の会社や親元との距離も考えて、いい感じの距離を選びました。

元々駐車場だった場所に建てたので、角っこが変形しかか形になりましたが、全体に四角の無駄のない間取りにしてもらいました。3階建て鉄骨で1階は車庫、2階3階が住居です。

出来るだけ安くしてもらうために1級建築士の人と何度も打ち合わせをしながら、住宅展示場の図書館で本を借りて、自分でも動いて何か建築の費用を削ろうと勉強しましたが、本職が忙しくて、何もできないまま家は完成しました。

骨組みのころからたまに訪問しては作業現場を拝見していました。木の匂いが新鮮に感じます。

いろいろ注文しましたが、お金の上限もあり、全てがかなう事は、もちろんなく、優先順位で希望通りに仕上げてもらいました。
まず動線はO型で玄関と応接室、キッチン、洗面所、トイレが近くにあり、この部屋の周りをぐるっと回れる形にしてくれました。

他にも収納スペースを大きくしてもらうために、部屋の一部を盛り上げてその下が大きな引き出しとして、十分すぎるほどの収納になりました。
季節ものや滅多に使わない書類はすべてここにしまってます。

それと、まあいっかというのは、嫁さんが希望していた広いお風呂でしたが、備え付けの出来上がっていたバスタブしかできなかったため、それで我慢しました。

総合計が3000万円と、高額金額で金銭感覚がなくなりますので、いろいろオプションを勧められましたが、1つ1つを良くシュミレーションして考えないと、必要のないものに何万円と使いそうでした。ここは冷静に即答せずに家族と話し合って決めてよかったです。

4畳半の客間は障子を閉めれば狭くなりますが、旅館の小部屋風で雰囲気が出るように壁をみどりに希望しましたが、カタログどうりのみどりとはかけ離れた薄い色で残念でした、他にも玄関やベランダの屋根など欲しいものがありますが、予算はもうオーバーしていますので、これで決めました。

住んでみて不満もありますが、それ以上に収納と動線が期待以上でしたので総合点は良しとします。

作成者: よん

職業:事務員 家計年収370万円。 注文住宅を建てた記録をこのブログに残しています。 すこしでも家をたてる人のお役に立てれば幸いです。