坪単価40万円で32坪のローコスト住宅の満足度は?

結婚を機にアパート暮らしからマイホームへと新築建て売り物件や中古物件を見て回りました。

私は身長が平均身長より大分低く145㎝しかありません。

アパートのキッチンや洗面台、棚などは身長に合わず不便さを感じています。

日本人女性の平均身長に合わせて既存の新築物件や中古物件の住宅設備の高低差は殆ど同じで、私の体格に合う物件は見付かりません。既存の物件を購入しリフォームするにも多額の費用が掛かってしまいます。そんなことから、私達は注文住宅を考えることにしたのです。

住宅展示場には大手有名ハウスメーカーや中堅ハウスメーカーなどのモデルハウスが建ち並んでいます。

どのハウスメーカーのモデルハウスも魅力的で目移りする中、一番重要な「住宅設備の設置は身長に合わせて設置が出来るか否か」を訪ねて回りました。

さすがに注文住宅は身長に合わせての設置がどこも可能です。注文住宅なら設備に不便さを感じることなく生活が出来ると嬉しくなりました。

次の問題はハウスメーカー選びです。
大手有名ハウスメーカーは坪単価は、最低でも60万円から70万円です。
仕様によっては90万円と手が出せませんでした。

しかし、注文住宅を諦めきれずに坪単価が安いハウスメーカーを探しました。

設立が10年ほどと若い会社ですがテレビCMなども入れ急成長しているハウスメーカーで、坪単価約40万円で注文住宅を実現させました。

キッチンや洗面台、吊り戸棚などは私の身長にピッタリ合っています。
忙しい朝を考えると洗面台は複数ある方が便利です。
私の身長に合わせた洗面台と主人に合わせた洗面台の二つを設置しました。

将来子供が生まれれば成長に合わせて使い分けることも可能です。
アパート生活では電気のコンセントの位置や数にも困ったことがありました。

玄関スペースを広めに確保してベビーカーやゴルフバッグなども収納可能なウォークインシューズクロークを設置することも出来ました。

今までの生活を振り返り「こんな住宅が実現出来たら」という希望が実現できました。
坪単価約40万円で32坪、住宅設備にはかなり拘りましたがローコストで注文住宅を建てることが出来、快適に暮らしています。

作成者: よん

職業:事務員 家計年収370万円。 注文住宅を建てた記録をこのブログに残しています。 すこしでも家をたてる人のお役に立てれば幸いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です