注文住宅ななぜ予算オーバーするか

家を建築するに当たり容貌や希望をそのまま反映できる事は注文住宅の強みでもありますが良かれと思った事はそれなりにお金がかかる事もあるので予算はよく話し合い、決めて行く事が重要です。

入れ替えの可能性の高いキッチンやバスルームトイレなどは一定の期間でリフォームの対象となるため思ったよりもイメージと違っていたり使い勝手が違うなどがあればそれを教訓として入れ替える事もできますが、あまり入れ帰る事も無い造作家具や階段、などは後から変更することはできても作り直すとなると大変なことであり結局そのまま使い続けることになります。

そう考えると最低限の標準として使われるような建材を建築時に使うと後悔の元ですがより自分好みの物を選ぶとなるとその分予算も多くかかってくるのです。

部分的にはこだわりが必要な個所でも後々からでも返る事が出来るものは予算を固定し、ここぞの場所には予算をオーバーにしても変えるとよい所も多いのです。

窓も一度採用すると変える事も無く使い続けることになりますが、このような場所にも標準になりつつあるペアガラスも省エネ建材等級の高いLow-E複層ガラスを採用することにより夏でも冬でも快適な生活が送れるのです。

一枚当たりの価格差は少しですが家中の窓を高性能にするにはそれなりの予算は必要です。

しかし予算をかけない事により冷暖房代がかかる事は長年にわたり負担となり後悔してしまいます。

さらに熱源の影響の受けやすい北側や南側だけでもという考えでは家の中に温度差ができやはり不自由な生活空間となってしまうのです。

ここで予算をかけておくことでその後の生活が快適となります。

住宅を建築する上で必要なことはたくさんありますが希望通りの住宅を作ることはそれなりの予算がかかる場合も多いのです。

その中でも削れる所は削りつつも快適な生活を送る上で必要な予算をかける事ができれば満足できる家つくりともい言えるのです。

私の場合も安い所や高く必要な場所にはお金をかけていたので今では快適な家に住む事ができています。

作成者: よん

職業:事務員 家計年収370万円。 注文住宅を建てた記録をこのブログに残しています。 すこしでも家をたてる人のお役に立てれば幸いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です