がんばって打ち合わせをしてよかった

マイホームのために、一年以上前から打ち合わせを重ねてきました。
何度打ち合わせをしたか分からない程なのですが、親からは「まだ打ち合わせすることがあるの?何回やるよ」と言うようなことをよく言われました。
多分、普通の方の打ち合わせ回数と比べると多いのだと思います。

それだけ、こだわりを持って、しっかりと設計士さんたちと意見を交わすことができたと、私たちは思っています。

子どもが二人いるため、毎回子どもたちを連れて打ち合わせに行くのは大変でした。
何回もトイレに行ったり、一緒に遊んでと言われたりして、打ち合わせが中断しました。
途中で面倒臭くなってしまい、もうどうでもいいやと思ったこともありました。

でも、なんとか打ち合わせも終わり、着工することができ、着工するとあっという間に家が建ちました。
そしてもうすぐ完成を迎えます。

すっごく楽しみです。

建設中、自宅から新居までが近かったこともあり、何度も足を運びました。
大工さんや監督さんたちと現場で打ち合わせをしたり、やっぱりここをこうしてほしいと伝え、変更してもらったこともあります。
都度、私たちと誰かと話し合って、ベストな選択ができたと思っています。

家がどんどんと出来てきて、打ち合わせをした通りに進んで行って、完成して。
それを見ていると、がんばって打ち合わせをしてよかったなと心底思えてきます。

妥協せずに、時間をかけてじっくりと話し合って、納得のいくようにしてきた結果が出ているなと思います。
大工さん、監督さんからも、「いい家になった」と言ってもらえてとっても嬉しいです。

私たち自身も大満足しています。
本当に、みんなでこだわって造った家が完成するのが楽しみで仕方がありません。
嬉しいです。

これからマイホーム建設のために打ち合わせをされる方や、今打ち合わせの真っ最中の方、大変だとは思いますが、こんな機会はもう滅多にないと思うので、とことん話し合って納得のいく家を建ててください。
打ち合わせ、大事ですよ。

作成者: よん

職業:事務員 家計年収370万円。 注文住宅を建てた記録をこのブログに残しています。 すこしでも家をたてる人のお役に立てれば幸いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です