予算3000万円で組んだが実際にかかった金額は・・・

間取りの自由が聞く注文住宅を頼むことになったのだがやはりセミオーダーや建売などと比べてしまうと割高なのは実際のところである。

ただ安心感としてはどういった素材で作られていてどういった工程が必要でといったことが明確にあかるところは良いところなのかもしれない。
だいたい私も想像はしていたのだが予算は誰もが少しオーバーしてしまうのだろうと思っている。3000万ほどで予算を組んだが実際は50万円オーバーしてしまった。

あとは少し運のところもあるかもしれない。地盤調査や、銀行の借入などの予算も含めていたのでそこらへんの兼ね合いもあるとは思われる。地盤調査で改良の必要がある場合は高ければ何百万もかかるわけで必要がなければ0円となるのだからこれほど大きな値段が違ってくるのは困ってしまうと思われる。

あとは建売などと違うといえば自分でいろいろと決められるところは良いところだと思います。例えばコンセント位置や壁紙のクロスなどを選択できるところやあとは階段の位置、外壁の色、外構をどのようにするか最初から考えられるところなどは良い点だと思われます。ただ外構は実際に住んでから考えた方が良いと思われます。

土地の大きさにもよるかもしれませんが私はなかなかイメージがつかなかったので後回しになってしまいました。
ただデメリットしてはお金がないかったら外構できないのかなと周りから思われてしまうかもしれません。

あとは注文住宅の場合は営業さんとの相性が大事になると思われます。なぜなら建売と違ってしばらくの間その営業さんと話をしていかなければならないからです。
言ってしまえば営業さんは私たちの総合窓口であるからしてしっかりしていなければならないのです。その総合窓口がダメではすべてがダメになってしまうので注意が必要です。

一番簡単に見抜くにはその人が今までに何棟の家を立てたのか聞いてみるのが一番いいかもしれません。
それによってその人の経験が分かるからです。

作成者: よん

職業:事務員 家計年収370万円。 注文住宅を建てた記録をこのブログに残しています。 すこしでも家をたてる人のお役に立てれば幸いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です