注文住宅の成功は家の間取りにかかっている?

注文住宅の成功要因としてあげるのならば、やっぱり「間取り」です。自分の家の間取りは自分の家族にあっていて、とてもいいと思っていますので。まあ、そのように顔見知りの人にいいますと、自慢のように聞こえてしまうことでしょうから、ここでしか言えないことですけれど。

それもこれも注文住宅でマイホームを建てたからこそ実現したことだと思っています。実は最初こそ、ハウスメーカーで一戸建て住宅を建てようと思っていたんです。けれども間取りがわりとガッツリ決まっていて、それで修正変更もできないということでした。

いくつかのハウスメーカーを回ったのですが、どこもわりとそのような形で…。それもこれも既存の住宅をベースにしているからだそうです。造作家具などについては追加や削除が可能だということですが、間取り自体は変更ができないということで。

それにハウスメーカーにて一から注文住宅を建てるとなると、工務店で建てるよりも割高になってしまう印象でしたから。ですから結局工務店にて注文住宅でマイホームを建てることにしたのです。

そして肝心のマイホームの間取りについてですが、一室空間タイプの間取りなんですよね。キッチンとダイニングとリビングが一緒の空間に配置されていて、そしてリビングスペースの上には吹き抜け天井で、後ろにはリビング階段も設置されているといった感じで。

ですから一室空間タイプの間取りの家は、開放感があり空間を広々と使うことができるのです。なので、子供がのびのび広々とあそぶことができて本当に良かったと思っています。

ちなみに、ハウスメーカーでも一室空間タイプで吹き抜け天井の間取りの家は出しているのですが、しかしいかんせん広さが足りなかったのですよね。ハウスメーカーの家では面積を広げることはできないということで、それで工務店に話をもっていって、注文住宅で建ててもらったのです。

少し回り道をしましたけれどこれで良かったと思っています。やはり、家の基本は「間取り」ですから。間取りによって注文住宅のマイホームは成功したと思っています。

作成者: よん

職業:事務員 家計年収370万円。 注文住宅を建てた記録をこのブログに残しています。 すこしでも家をたてる人のお役に立てれば幸いです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です